なでしこインベストメント > とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方 > 信用残高関連データ

とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方

日経平均株価・3市場残高信用倍率・評価損益率

「日経225採用銘柄・貸借情報」(日々更新)は、≫こちら

2月8日時点の申し込み分(2月14日公表)


信用倍率:3.79倍(前週 3.76倍)
評価損益率:15.95%(前週 15%)

信用倍率はほぼ変わらず。評価損益率は悪化しています。
 前週、前半は市場全体の雰囲気が良好でしたが、後半は一転。強く売られる銘柄が目立ち、市場実態の悪化を実感せざるを得ない状況でした。評価損益率の悪化はその現われと言えそうです。
 これで連休明けは一体どういうことになるのか、非常に危惧していたところ、フタを開けてみると、意外に悪くありません。本日は全く精彩のない動きでしたが、とはいえ、高値更新銘柄数は(過去1年来・過去6ヵ月来・過去3ヵ月来ともに)安値更新銘柄数を上回る状態に戻っています。ちなみに、本日の過去3ヵ月来の高値更新銘柄数161は、昨年12月3日以来の好水準です。
 前週から今週にかけての業績発表に絡む株価の動きを見ると、直後は大きく売られても翌日から買われ直す銘柄が目につきます。また、発表を機に値動きが良くなっている銘柄もあります。高値更新銘柄数の増加傾向が確認されるならば、そうした好ましい動きが見える銘柄の押し目を拾う手はあってよいと思います。現状、注目対象になりそうな銘柄が着実に増えている印象です。




↑ Top へ戻る。

「とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方」 に戻る

Copyright (C)2013-2014 Nadeshiko Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.