なでしこインベストメント > とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方 > 信用残高関連データ

とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方

日経平均株価・3市場残高信用倍率・評価損益率

「日経225採用銘柄・貸借情報」(日々更新)は、≫こちら

6月15日時点の申し込み分(6月20日公表)


信用倍率:5.3倍(前週 5.43倍)
評価損益率:9.77%(前週 9.67%)

信用倍率は改善、評価損益率は悪化しています。前週12日、2万3000円にタッチした日経平均株価は、その後上値を伸ばすことはできず、14日から昨日まで4日連続陰線。本日は場中2万2167円まで下値を落としています。それでも日経平均株価はまだ余裕ですが、新興市場は先週後半から惨憺たる状況。本日、JASDAQ指数は6月6日の安値を下回り、日経JASDAQ平均は5月30日の安値割れ。マザーズ指数に至っては、4月17日につけた最安値を更新しています。幸い、前場途中から市場全体が大反転し、3指数ともに下ヒゲ陽線の前日比プラスで終わってはいますが、本日安値を境にトレンドが改善するかどうかは定かではありません。下値が切り上がる動きが確認されるまでは警戒を続けておきたいところです。なお、ここから短期スタンスでリバウンドを狙うならば、12月と1月に高値圏にあり2月の市場急落以降トレンドを崩してしまった銘柄には注意してください。仮にインデックスが堅調な動きになったとしても、6ヵ月の信用期日を控えた処分売りで上値が伸びない、あるいは、まだ下を見に行かないとも限りません。




↑ Top へ戻る。

「とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ!信用取引の始め方・儲け方」 に戻る

Copyright (C)2013-2014 Nadeshiko Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.