なでしこインベストメント > コンテンツ販売 > 株【優待】アノマリー情報 CD-ROM

株【優待】アノマリー情報 CD-ROM

株【優待】アノマリー情報 CD-ROM ロゴ

※当データ集は株主優待の内容を紹介する「株主優待カタログ」
ではありません。ご注意ください。

株主優待銘柄の値動きを捉える世界唯一のデータ集『株<優待>アノマリー情報CD−ROM』。10月15日発売の「2017 AUTUMN-WINTER」号の収録銘柄数は331。今回は、恒例のSpecial Reportに加え、東証1部昇格についての「考察メモ・データ」が付いています。




参加者限定の市場の中で取引を爆増させる材料「株主優待制度導入」

ついに日経平均株価は15年6月の高値を超え、2万1000円を突破しました。実におめでたいことです。

ただ、日経平均株価がこれだけ好調な動きをしているにしては、市場参加者は増えていない、むしろ減っているのではないか、という印象があります。少なくとも、かつての強い上昇相場のように、「株を買いたい」という人が我も我もと市場に参加してきて、市場全体が盛り上がりまくっている、という雰囲気ではありません。とくに個人投資家は、「これから株を買うぞ」と新規参入してくる人よりも、高値で持ち株を売って「次に安くなるときまでサヨナラ」という人のほうが多いのではないでしょうか。

日々の個別銘柄の動きを見ても、「市場参加者は限定的」の様相。こっちの銘柄が買われていれば、あっちの銘柄は売られるだけ売られる。そっちの銘柄が買われれば、今度はこっちの銘柄が売られっぱなしになって後は取引激減。そんな光景をちょくちょく目にするのが実情です。

おそらく、市場で存在感を高めている高速取引で小幅な利益を高頻度であげようとする参加者、あるいは、場中に何回転も売買を繰り返す個人の専業トレーダーなどは、材料が出て動意づく銘柄が現れると、他の銘柄には目もくれず、それに大集結しているのでしょう。かくして、人が去った銘柄はぺんぺん草。動意づいた銘柄は取引が爆増。買われに買われてあっという間にストップ高、となるようなことが珍しくありません。

では、そうした莫大な取引を集めて株価が大上昇する銘柄とはどんな銘柄なのか。サプライズの好業績を発表した銘柄だったり、北朝鮮のミサイル発射に関連する防衛系銘柄だったり、その時その時で様々ですが、「株主優待制度を導入する」と発表した銘柄の多くは取引爆増。株価は爆騰しています。業績を下方修正しても同時に「優待制度導入」を発表したお陰で、巨大な買いが集まり、ギャップアップ寄り付いて10%超も上昇した例もあるほどです。

なぜ「優待導入」がそれほど好感されるのかといえば、言うまでもなく、それによって優待目的の需要が出てくるだろうという思惑があります。さらに、それが2部・新興市場の銘柄であれば、優待導入によって株主数を増やして東証1部の上場基準をクリアしようという、1部昇格に対する意思表示とも受け取れます。その時点ではどうなるかはわかりませんが、本当に東証1部昇格が決まれば、それに伴う需要が確実に出てきますから、株価の上昇が大いに期待できます。その上昇を先取りしようという動きの表れが、1部昇格に意欲があると見られる銘柄、「優待導入」を発表した銘柄の大人気化です。



「1部昇格」関連項目を追加。別添の銘柄リスト・データは必見

1部昇格を想起させる施策としては、株主優待導入のほかに、株式分割や立合外分売などがあります。既に優待を実施している銘柄は、1部昇格に対する意思は表明済み、とも解釈しうるわけですが、そこに、たとえば株式分割を発表すると、1部昇格にまた一歩近づいた、という思惑が出て株価が大上昇することもしばしばです。そして、実際に1部昇格を果たすことになろうものなら、またまた株価は大上昇。そうした先々まで妙味の大きいシナリオが描けることもあって、昨今、1部昇格期待の優待銘柄はより注目度を高めているようです。

今回の『株<優待>アノマリー情報 2017AUTUMN-WINTER』号でコンセプトのひとつになっているのが、まさにこの「1部昇格期待」。それに関連する情報を盛り込んでいます。

まず、掲載各銘柄のデータに、「時価総額」「上場年月日」「株主数」といった、1部昇格条件に関連する項目を追加しています。値動きのアノマリー性はもちろんのこと、1部昇格の可能性という視点でも活用いただけると思います。

≫ ページサンプル・解説を見る

さらに、1部昇格条件の内容の解説、および、昇格基準を満たしそうな銘柄を独自の視点でリストアップした資料「東証1部昇格についてのメモとデータ」を別ファイルにしてCD−ROMに収録しています。ちなみに、銘柄リストの中には、株主優待を実施していない銘柄も入っています。これらの銘柄は、これから株主優待を導入すれば1部昇格期待がより一層高まるかもしれません。



市場調整局面が優待銘柄に与えた影響とは。Special Reportで考察

一方、今回のデータ期間末9月までの半年間について、優待銘柄の売買や話題をクローズアップしたSpecial Reportも読み処満載。巻頭の『TOPIC』では、この期間内に2度あった市場全体の下落局面、ダウ理論で言う「二次的調整局面」がどう影響したのかを考察しています。それによって、2013年3月から試験的に実践している優待アノマリー売買の累積損益はどういう具合になったのか。果たして、前号掲載の数字から伸びたのか。後退したのか。興味深い結果となっています。

『Strategy』のコーナーでは、優待銘柄の1部昇格期待を取り上げています。「1部昇格についてのメモとデータ」と併せてご参考ください。

≫ Special Reportの目次を見る

≫ Special Reportのバックナンバー(2017 SPRING-SUMMER号)を読む


『株<優待>アノマリー情報』をご購入くださったお客様は、データ編掲載銘柄の更新情報、弊社オリジナルの指数「優待権利月別アノマリーINDEX」をご覧いただけるお客様専用ページを設けています。また、「東証1部昇格についてのメモとデータ」やSpecial Reportに登場している優待銘柄、そのほか興味のある銘柄が今回のデータ編に非掲載だった場合には、お客様専用ページの「非収録銘柄のデータご依頼」フォームでお知らせください。掲載銘柄と同じフォーマットのデータをメールにてお届けします。




sample detail pdf pdf
order

ご注文・お支払い方法、およびお届けについて

    《ご注文方法》

  • 「ご注文」をクリックしてご注文画面にお進みください
  • 購入枚数やお届け先など、必要事項をご記入ください。
  • 同意事項をご確認のうえ、同意いただければ「同意する」にチェックを入れてください。
  • 「注文確認」画面にお進みください。
  • ご注文内容をご確認いただき、よろしければ「以上の内容で注文を確定する」をクリックしてください。
  • ご注文が弊社サーバに届き次第、自動配信にてご注文確認メールをお送りします。
  • ※ ご注文送信直後に自動配信メールが届かない場合は、システム上の不具合が生じているか、または、ご記載のメールアドレスに誤りがある可能性があります。その際には、もう一度ご注文を送信いただくか、または、お手数ですが、弊社問い合わせ窓口までご連絡ください。
    《お支払い・お届け方法》

  • ご注文確認の自動配信メールに記載されている銀行口座に商品代金をお振り込みください(商品の送料は本体価格に含まれておりますので、別途必要ありません。お振り込み手数料のみお客様のご負担となります)
  • ご入金確認後、3日以内に普通郵便にて郵送いたします。発送が完了いたし次第、メールにて「発送のご案内」をお送りいたしますので、ご確認ください。
  • お届けは、発送日より1日〜2日となります(地域や郵便事情によっては、数日遅れることもございます)。
  • ※ 「発送のご案内」メールを受信されてから、4日以上経過しても商品が届かない場合には、お手数ですが、問い合わせ窓口までご連絡ください。郵便事情によりお届けが遅延している可能性がございますので、取り急ぎ、ご連絡をいただいた当日中に速達便にてご注文商品を発送いたします。
  • ※ 後に同商品がお手元に届きました際には、速達便に同封してあります「返送用封筒」にて弊社までご返送ください(送料は弊社が負担いたします)。
order
↑ Top へ戻る。

木を見る前に森を見る

好評をいただいております。全国の書店にて発売中。

≫ 内容を、チェック!



■HOMEに戻る。   ■個人情報保護に対する弊社の方針   ■特定商取引法に基づく事項   ■FAQ   ■問い合わせ窓口
Copyright (C)2017 Nadeshiko Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.