なでしこインベストメント > コンテンツ販売 > 株【優待】アノマリー情報 CD-ROM

株【優待】アノマリー情報 CD-ROM

株【優待】アノマリー情報 CD-ROM ロゴ
2019年10月14日発売  5000円(税込・送料込み)

※当データ集は株主優待の内容を紹介する「株主優待カタログ」ではありません。ご注意ください。





捉えどころが難しい相場だからこそ改めて注目したい「優待銘柄」

株主優待銘柄の値動きを捉える世界唯一のデータ集『株<優待>アノマリー情報CD−ROM』。10月14日発売の「2019 AUTUMN-WINTER」号の収録銘柄数は251です。

今回の対象期間19年4月〜9月末を振り返ると、結構なショックな下落が2回ありました。まず、何といっても10連休明け5月7日からの大下げ。令和という新しい時代の市場は実に過酷なスタートとなってしまいました。

幸いにして、昨年10月から12月25日までのような大崩落には至らず、6月4日の安値を境に市場全体が反発。以後7月まで良好な状態が続いて安心していたところが、8月に入ると急転直下。わずか数日で約2ヶ月かけて積み重ねた値幅が帳消しになるという、これまた過酷な下落局面となっています。

日経平均株価は8月6日に6月の安値を割り込み、TOPIXは年初水準まで下げるという惨状。このとき、昨年12月の安値を更新する個別銘柄も激増しています。また、日経JASDAQ平均とマザーズ指数は8月29日まで安値の切り下がりが止まらず、一体この先どんなことになってしまうのか。ついに12月の安値を叩き割りに行くのか、と身震いした人もいたのではないでしょうか。

またしても幸いなことに、9月に入ると様相が一転。日経平均株価は10連休前の水準近くまで戻し、TOPIXはわずかですが4月18日につけた年初来高値を更新しています。

かくして、結果的には昨年12月の安値は割り込まず、何とか持ち堪えている格好にはなっています。とはいえ、大きく下げたかと思えば強く戻し、今度は行けるかと思えばまた大下げするという、右往左往を続けている相場は、売買がやりにくく、利益もあがりにくい。どういうスタンスで売買するのが有効なのか、その捉えどころが難しいからです。その意味では、強烈な下げ相場よりも売買環境は厳しいといっても過言ではありません。

では、そんな相場にどう対処すればよいのか。ここで改めて目を向けたいのが「株主優待」という、極めてわかりやすく、それゆえ意識もされやすい需要嵩上げ要因です。

≫ サンプルページを見る



優待銘柄の売買損益と市場実態の関係をSpecial Reportで考察

暴落は免れているとはいっても相場はさっぱり良くならない、という状況が長く続く中で、おそらく「もう株なんかやめた」と退出した参加者も大勢いると思います。株主優待目当てで売買していた個人の参加者もかなり減っていることでしょう。その過程では、株主優待の需要嵩上げパワーも衰えざるをえません。ですが、もはや退出したい人の大方は退出すれば、また事情は違ってきます。

たとえば、優待制度の新設を発表した銘柄に買いが殺到するのは何故かといえば、いまなお市場に残っている参加者が材料のひとつとして「優待」を意識しているからにほかなりません。既存の優待銘柄でも、たとえばQUOカードやお米券をネットオークションで換金する目的でターゲットにしている参加者は、かつてよりも減ったとしても、いまなお市場に残っています。出ていく人が出ていけば、そうした参加者の需要が値動きに現れてくる。つまり、市場実態の悪化が止まれば、再び需要嵩上げ要因が機能すると考えられるわけです。

実際にそうなるのか。そうなるとすれば、それは優待アノマリーに着目した売買の損益に何らかの形で現れるはずです。この点を今回のSpecial Reportで考察しています。これは、日経平均株価をはじめとする株価指数では捉えきれない市場の実態を推し測る考察でもあります。

そのほか、下げては戻し、戻してはまた下げるという、右往左往状態にある市場で売買するうえでの着眼点も紹介しています。

≫ Special Reportの目次を見る



「お客様専用ページ」で権利月別に優待情報がチェックできます

当サイトでは「株<優待>アノマリー情報」をご購入くださったお客様の専用ページを設けています。

このページで見ていただきたいのが、まず、優待制度の新設・廃止、および優待内容の変更に関する情報です(JPXのTDnet(適時情報開示閲覧サービス)にリンクしています)。毎営業日16時過ぎに更新。それ以降に発表された情報は19時過ぎに追加しています。

また、「権利月別Pick Up」と称して、その情報を権利月別ごとに編集しています。いつその発表があり、どのような内容なのか、といった情報とともに、ショートコメントもプラスしています。

最新の“優待アノマリー度“順のリスト・データも掲載しています。当サイトのTOPページからアクセスできるリストは当月権利銘柄に限られますが、専用ページでは権利月が6ヵ月先の銘柄までリストアップ。月変わり前後に更新しています。

各権利月銘柄の値動きを指数化した「アノマIndex」も折にふれてチェックしていただきたい当社オリジナル情報です。いま何月権利銘柄が買われているのか、売られているのか。その時々の趨勢がひと目でわかります。

なお、お客様専用ページでは、CD=ROMには収録されていない銘柄について、CD−ROMと同じフォーマットのデータのご依頼も承っています。これまで手掛けてきた優待銘柄が今回非掲載だった、といった場合には、是非こちらからご依頼ください。


sample detail pdf
order

ご注文・お支払い方法、およびお届けについて

    《ご注文方法》

  • 「ご注文」をクリックしてご注文画面にお進みください
  • 購入枚数やお届け先など、必要事項をご記入ください。
  • 同意事項をご確認のうえ、同意いただければ「同意する」にチェックを入れてください。
  • 「注文確認」画面にお進みください。
  • ご注文内容をご確認いただき、よろしければ「以上の内容で注文を確定する」をクリックしてください。
  • ご注文が弊社サーバに届き次第、自動配信にてご注文確認メールをお送りします。
  • ※ ご注文送信直後に自動配信メールが届かない場合は、システム上の不具合が生じているか、または、ご記載のメールアドレスに誤りがある可能性があります。その際には、もう一度ご注文を送信いただくか、または、お手数ですが、弊社問い合わせ窓口までご連絡ください。
    《お支払い・お届け方法》

  • ご注文確認の自動配信メールに記載されている銀行口座に商品代金をお振り込みください(商品の送料は本体価格に含まれておりますので、別途必要ありません。お振り込み手数料のみお客様のご負担となります)
  • ご入金確認後、3日以内に普通郵便にて郵送いたします。発送が完了いたし次第、メールにて「発送のご案内」をお送りいたしますので、ご確認ください。
  • お届けは、発送日より1日〜2日となります(地域や郵便事情によっては、数日遅れることもございます)。
  • ※ 「発送のご案内」メールを受信されてから、4日以上経過しても商品が届かない場合には、お手数ですが、問い合わせ窓口までご連絡ください。郵便事情によりお届けが遅延している可能性がございますので、取り急ぎ、ご連絡をいただいた当日中に速達便にてご注文商品を発送いたします。
  • ※ 後に同商品がお手元に届きました際には、速達便に同封してあります「返送用封筒」にて弊社までご返送ください(送料は弊社が負担いたします)。
order
↑ Top へ戻る。

木を見る前に森を見る

好評をいただいております。全国の書店にて発売中。

≫ 内容を、チェック!



■HOMEに戻る。   ■個人情報保護に対する弊社の方針   ■特定商取引法に基づく事項   ■FAQ   ■問い合わせ窓口
Copyright (C)2019 Nadeshiko Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.